メインフレーム(1964年〜)

誕生と発展の歴史展示品一覧

年月 出来事
1964年02月 日立・国鉄:座席予約システムMARS 101稼働開始
1964年04月 日本電気:経済性に優れた小型機NEAC-2200発表
1964年04月
【世界】IBM社:大型機から小型機までアーキテクチャの統一を図ったS/360を発表
1964年05月 富士通:中型汎用機FACOM 230(後にFACOM 230-30と改名)発表
1964年06月 日本電気:新しく考案した電流切り替え型の高速回路を採用したNEAC-L2の基本装置を完成
1964年09月 日立:日本初の大型汎用電子計算機HITAC 5020を完成
1964年10月 東芝:マイクロプログラム式科学技術用電子計算機TOSBAC 3400を京大と共同開発
1964年10月
東芝:GE社との技術援助契約発効
1964年11月 電子計算機技術研究組合:超大型計算機FONTAC完成
1965年01月 富士通:科学技術計算とリアルタイムな制御処理への適用を目指したFACOM 270シリーズが発表された
1965年03月 電気試験所:トランジスタ式大型計算機ETL MARK VI完成
1965年03月 富士通:事務用小型機FACOM 230-10発表
1965年05月 日本電気:国産初のワンマシンコンセプト機種NEAC シリーズ2200発表
1965年05月
三井銀行:オンラインバンキングシステム
1965年09月 日立:大・中型汎用機HITAC 8000シリーズを発表
1965年11月 東芝:マイクロプログラム式事務処理用電子計算機TOSBAC 5100発表
1965年11月
【世界】MIT, Bell Lab,General Electric:メインフレーム用のタイムシェアリングOSであるMULTICSを発表
1965年12月 日立:事務用小型機HITAC-8100発表
1966年01月 三菱電機:ファミリー形態を採用したMELCOM 3100シリーズ発表
1966年08月 日立:全面IC採用の中型汎用機HITAC 8210発表(磁気ディスク採用)
1966年10月 日本電気:国産機で初めて全面IC採用の大型機NEACシリーズ2200モデル500完成
1966年10月
日本ソフトウェア設立(日本電気,日立,富士通共同出資)
1966年12月 沖ユニバック:全面IC,本格的ディスクオペレーティングシステム採用のOUK 9400完成
1966年12月
大型プロジェクト超高性能電子計算機開発スタート
1967年09月 三菱電機:科学技術オンライン用コンピュータMELCOM 9100システム グループ30完成
1968年01月 大阪大学:日本初のタイムシェアリングシステムMACシステム稼働
1968年01月
【世界】IBM社:IBM S/360 モデル85(初めてキャッシュメモリを採用)開発
1968年03月 富士通:全面IC採用の大型汎用機FACOM230-60完成(マルチプロセッサシステム)
1968年08月 富士通:全面IC採用の中〜大型汎用機FACOM 230-25,35,45発表
1968年10月 電電公社: DIPS-0マルチプロセッサ構成でタイムシェアリングシステム共同利用試行実験
1968年11月 日本電気:超大型タイムシェアリングシステム機NEAC シリーズ2200モデル700発表
1968年 
【世界】IBM社:データベース管理ソフトウェアIMSを開発
1969年01月
【世界】IBM社:ソフトウェアアンバンドリング発表
1969年04月 電電公社,日本電気,日立,富士通:データ通信用大型標準情報処理システムDIPS-1共同研究開始
1969年 
【世界】米国DoD国防高等研究計画局:インターネットの源流となったARPANETを構築
1969年 
【世界】CODASYL:ネットワーク型データモデルの言語仕様標準化
1970年02月 東芝:GE社GE600シリーズを国産化したTOSBAC-5600/10,30,50完成
1970年04月 三菱電機:XDS社との技術提携による大形コンピュータMELCOM 7000シリーズ発表
1970年05月
【世界】GE社:コンピュータ事業から撤退
1970年06月 富士通:超大型汎用機FACOM 230-75完成
1970年11月 日立:超高性能電子計算機開発国家プロジェクトの成果を活かした大型汎用機HITAC 8700発表
1970年 
【世界】 IBM社:前機種S/360に対し上位互換性のあるS/370を発表, 一部のモデルではIC化した主記憶を採用
1970年 
【世界】 Edgar F. Codd(IBM社):リレーショナルデータモデルを提案
1971年09月
【世界】RCA社:コンピュータ事業撤退
1971年10月 日本電気:オンライン・リアルタイム処理に適したNEAC シリーズ2200モデル375, 575発表
1971年10月 電電公社:データ通信用大型標準情報処理システムDIPS-1試作完了
1971年  日立:HITAC 8000シリーズの価格性能比を向上させた中型汎用機HITAC 8350,8450発表
1972年03月 国産3グループ(富士通-日立,日本電気-東芝,三菱-沖)新機種開発計画を通産省に提出
1972年03月 電電公社:現場試験機DIPS-1芝電話局に導入
1972年07月 日立:MSI,ICメモリ採用により,高速化,小形化を図った中小形汎用計算機HITAC 8250を発表
1972年08月
【世界】IBM社:S/370-158,168(仮想記憶機構採用)発表
1973年02月
【世界】IBM社:S/370-158,168にマルチプロセッサ方式追加
1973年08月 富士通:仮想記憶方式採用の汎用機FACOM 230-8シリーズ発表
1973年08月
1974年05月 日本電気・東芝:ACOSシリーズ77システム200,300,400,500発表
1974年05月 三菱電機・沖電気:大形コンピュータCOSMOシリーズ モデル700発表
1974年09月
【世界】IBM社:コンピュータ・ネットワークのアーキテクチャSNA発表
1974年11月 日本電気・東芝:ACOSシリーズ77システム600,700発表
1974年11月 富士通・日立:汎用機Mシリーズ発表
1974年 
銀行第2次オンライン稼働
1974年 
【世界】IBM社:小規模ビジネス向けIBM System/3発表
1975年01月
【世界】IBM社:アプリケーション・ソフトウェアを搭載した小規模ビジネス向けIBM System/32発表
1975年05月 三菱電機,沖電気:中型コンピュータCOSMOシリーズ モデル500発表
1975年06月
【世界】Amdahl社:IBM互換470V/6 第1号機(製造:富士通)をアメリカ航空宇宙局(NASA)へ出荷
1975年09月 電電公社:適用領域の拡大を図ったDIPS-11/10シリーズ開発
1977年03月
【世界】IBM社:System/370シリーズの中大型機IBM3033発表
1977年04月 電電公社(現NTT):データ通信網アーキテクチャ(DCNA)の共同研究を開始
1978年01月 富士通:世界最大,最高速の超大型汎用機FACOM M-200発表
1978年09月 日立:世界最高速の超大型汎用機HITAC M-200H発表
1978年10月
【世界】IBM社:単一レベル記憶を採用したS/38を発売
1978年 
JIS漢字コード制定
1979年01月
【世界】IBM社:System/370の中型汎用機IBM4300シリーズ発表
1979年02月 日本電気:多次元処理を可能にした小型機ACOSシステム250発表
1979年04月 富士通:中型汎用機FACOM M-130F,140F,150F,160F発表
1979年04月 富士通:日本語情報システムJEF発表
1979年06月 日立:中型汎用機HITAC M-160H,150H,140H発表
1979年10月 日本電気:世界最高密度の高速バイポーラLSIを採用したACOSシステム350, 450, 550発表
1979年12月 電電公社:世界最高性能レベルを達成したDIPS-11/5シリーズ開発
1979年12月 三菱電機:COSMOシリーズ最上位のモデル900II発表
1979年  三菱電機:対話型処理・分散処理指向の中形機COSMO 700, 800シリーズ発表
1980年09月 日本電気:世界最高速のACOSシステム1000発表
1980年09月
【世界】NAS社:IBMコンパティブル機AS9000発表(日立製)
1981年02月 日立:汎用機Mシリーズを強化したHITAC M-200シリーズ発表
1981年05月 富士通:超大型汎用機FACOM M-380/382発表
1981年10月
【世界】IBM社:アドレス空間を31ビットに拡張した370/XAアーキテクチャに基づく3081Kを発表
1982年 
【世界】IBM社:大型汎用機308Xシリーズ化.3084は3081の上位モデル,3083は3081の下位モデル
1983年01月 日立:OAシステム向けHITAC Lシリーズ発表
1983年04月 日本電気:統合OAシステム構築用小型機ACOSシステム410発表
1983年11月 電電公社:20KゲートCMOS-VLSIを採用した小型DIPS-Vシリーズ開発
1983年 
【世界】IBM社:小型コンピュータSystem/36を出荷
1985年01月 三菱電機:汎用機MELCOM EXシリーズ発表
1985年02月 日本電気:世界最大・最高速の汎用コンピュータACOSシステム1500シリーズ発表
1985年03月 日立:汎用機M-200シリーズの後継機HITAC M-600シリーズ発表
1985年09月 NTT:100Mbps光ループ複合構成を採用した大規模高信頼度システムDIPS-11/5Eシリーズ開発
1985年11月 NTT:性能レンジ拡大を図った小型DIPS-Vエンハンスシリーズ開発
1985年11月 富士通:世界最高速超大型汎用機FACOM M-780モデルグループ発表
1985年  通産省:ソフトウェア開発効率化のシグマシステムプロジェクト開始
1986年02月 日本電気:世界最大・最高速の汎用超大型コンピュータACOSシステム2000シリーズ発表
1987年07月 日本電気:素子の3次元実装技術の採用によるコンパクトな小型汎用機ACOSシステム3300発表
1988年11月
【世界】IBM社:事務処理用コンピュータAS/400を発表
1988年  NTT:サーチ処理を二桁高速化したDIPSデータベース処理装置(RINDA)を開発
1988年  NTT,IBM,DEC,日本電気,日立,富士通:NTT汎用コンピュータ調達仕様を規定するMIA共同研究開始
1990年06月 日立:世界最高速の超大型汎用機M-880プロセッサグループ発表
1990年07月 日本電気:世界最高速の汎用コンピュータACOSシステム3800発表
1990年09月 富士通:世界最高速超大型汎用機FUJITSU M-1800モデルグループ発表
1990年09月
【世界】IBM社:ES/9000プロセッサファミリーを中核とした製品群からなリ,ESA/390(アーキテクチャ)に基づくSystem/390を発表
1990年  NTT:5Eシリーズの後継機DIPS-11/5EXシリーズ開発
1991年04月 三菱電機:日本アイ・ビー・エム社との業務提携に基づく大型汎用コンピュータ MELCOM EX900シリーズ発表
1991年12月 日立:エンドユーザのための「パソコン・データベースサーバ機能」を有する中小型汎用コンピュータHITAC M-840を発表
1992年02月 日立:「トータルマネジメントサーバ」としての役割を担うHITAC M-860を発表
1994年05月 富士通:クライアント・サーバ時代に対応したグローバルサーバ「新M-1000シリーズ」を発表
1994年05月 日本電気:「パラレルACOSシリーズ」の小型機種「AX7300」を発売.7月に中型機種「PX7500」,12月に大型,超大型機種「PX7800」を発売
1995年04月 日立:バイポーラ・CMOS融合LSI(ACE)を採用したハイエンドエンタプライズサーバMP5800を発表
1995年05月 富士通:大型機にCMOS汎用プロセッサを採用したグロ−バルサーバ「GS8000シリーズ」を発表
1996年03月 日本電気:1チップCMOSプロセッサを最大32個搭載するパラレルACOS PX7900を発売
1998年01月 富士通:超高密度MCMを採用したGS8000シリーズの最上位機として,GS8800モデルグループを発表
1998年04月 日本電気:CMOS型演算プロセッサ「NOAH(ノア)−4」を最大32個搭載する パラレルACOSシリーズ PX7600SV,PX7800SVを発売
1999年10月 日立:ACE2を採用したハイエンドエンタプライズサーバMP6000プロセッサを発表
2000年05月 富士通:メインフレームとオープン系プラットフォームのハイブリッド形態のPRIMEFORCEを発表
2000年05月 日本電気:PentiumIII Xeonを用いたエミュレーションによるパラレルACOSシリーズ「i−PX7300」を発売