分散コンピュータ博物館

我が国にはコンピュータ専門の博物館がありませんが、規模は小さいながら、貴重な資料を蒐集、展示している組織・施設は多数あります。

その努力に感謝すると共に、より多くの方々にその存在を知っていただき、利用してもらえるようそれらを情報処理学会の分散コンピュータ博物館として認定する制度を発足しました。

情報処理学会のコンピュータ博物館はバーチャルですが、これらの分散博物館では実物が見られますので、先人の創意工夫や苦労を実感できるでしょう。

分散博物館は原則として誰でも見学できますが、見学に必要な手続などは博物館ごとに異なります。見学希望の際は、事前に各博物館にご確認下さい。

なお、分散博物館は現状に固定せず、今後も追加していく予定です。

2009年3月2日
情報処理学会 歴史特別委員会
委員長 発田 弘