京都コンピュータ学院KCG資料館

TOSBAC-3400

TOSBAC-3400


大型・中型の汎用コンピュータ

大型・中型の汎用コンピュータ


所在地 〒601-8407 京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5 京都コンピュータ学院 京都駅前校内
公開情報 公開中(要予約)
照会先 総務部 Tel.075-762-2030 http://www.kcg.ac.jp/

 京都コンピュータ学院(KCG)は1963年に創立された日本最初のコンピュータ教育機関であり,創立当初から教育に使用したコンピュータをKCG資料館に保存している.現在,同学院のKCG資料館には,次のようなコンピュータが保存されている.

  • 大型・中型の汎用コンピュータ8システム
    TOSBAC-3400,FACOM M-770,UNIVAC 1100/20,UNISYS 2200/400,IBM S/360-40,IBM S/370-158など
  • ミニコンピュータ・オフィスコンピュータ7システム
    OKITAC-4300C,TOSBAC-40,TOSBAC-1100,NEACシステム100,FACOM 230-15など
  • ワンボードマイコン
    NEC TK-80E,TOSHIBA EX80
  • デスクトップパソコン30台
    シャープMZ-80,OKI if800,PASOPIA,PC-9801VM,Apple IIなど
  • ノートパソコン20台
    ※ 1970〜80年代の大型汎用機用の磁気テープ装置,磁気ディスクパック装置,カードリーダ,ラインプリンタなども保存されている.

 また,京都文化の先進性の象徴として,創立者で初代学院長の長谷川繁雄の遺志を継いで,2台の京都市電の車両も保存・展示されている.京都コンピュータ学院KCG資料館は,事前に申し込めば見学が可能である.